お問い合わせ  TEL 0561-33-1039

診療内容

  1. ホーム
  2. 診療内容一覧
  3. リハビリテーション科

リハビリテーション科

当院では、専任の理学療法士によるリハビリテーション(理学療法)を重視しています。
関節、筋肉などの病気を治すには、「動かすこと」が一番効果があります。お薬や注射を使ってできるだけ痛みを抑え、ご自宅で継続できる運動の指導、実施を行っていきます。

理学療法には、ストレッチや筋肉を強化する運動療法と、患部を温度や超音波などによって刺激する物理療法があります。

当院で行うリハビリテーション(理学療法)

リハビリテーション室

運動療法

当院が、特に重視しているのは運動療法。「痛みや違和感が出にくい身体の使い方」を覚えていただくことで、「痛みが和らぐ」「痛みを起こりにくくする」ことを目指します。

「痛み」や「違和感」は、身体に負担がかかっていることを知らせるサインです。
毎日の生活で繰り返し行われる動作によって、関節や筋肉に負担がかかり、症状が出ます。
負担がかかる動作になるには、必ず原因があります。
理学療法士は、身体の動かし方を指導するプロです。一人ひとりの身体、動作の特徴と痛みにあわせて、ストレッチや筋力トレーニングなどを行うことで、負担の原因を取り除きます。

物理療法

患部を刺激することで、血行を良くしたり、筋肉の緊張や痛みを取り除いたりします。
当院では、中周波治療器や低周波治療器、ホットパックなどを使って、治療を行います。

  • 中周波治療器
    電気を使って筋肉をもみほぐすことができる機械です。痛みの緩和や血流の改善効果もあります。
  • 低周波治療器(SSP)
    「刺さない鍼治療」とも言われます。電気をつかってツボを刺激します。
  • 超音波治療器
    超音波を使って、肩や腰、ひじ、ひざの血流を良くすることで、筋肉痛や関節痛の痛みを改善します。
  • ホットパック温熱器
    ここに入れた保温性の高いパックを使って、温めることで血液の循環を良くしたり、痛みを和らげたりします。
  • 水圧式マッサージ器
    水に浮いているような心地よさで、体をもみほぐし、リラクゼーション効果が得られます。
  • 牽引装置
    最新の牽引装置です。腰やくびの痛みに対して、狭くなった骨と骨の感覚を広げて圧迫を軽減します。
  • 超音波骨折治療器
    低出力超音波パルス(LIPUS)という弱い超音波を利用して、早く骨がくっつくように促します。

参考リンク